支援してもらえる

悩む女性

条件がある

心の病にかかっている人は周りの人や家族の目を気にして、どう思われているかによって態度を変えることがあります。うつ病には以前よりは理解をする人が増えている傾向にありますが、生活がかかっていることもありなかなか治療にすすめないという人も少なくありません。しかし、うつ年金などもありますので、いろいろな角度から生活に関する援助ができる方法を模索することも必要です。前もって準備をしていくには「初診日要件」が必要となり、これは原因となったうつ病の初診日が、国民年金や厚生年金の被保険者期間中というのがあります。もうひとつは「保険料納付要件」というのがあり、こちらも細かい日数がありますが納付済期間と免除期間を合算した期間が関係しています。こちらは加入期間の3分の2以上保険料が納められているという条件となっていることや、保険料が直近で滞納を1年間してないことがあります。日常生活に影響する、うつ年金は障害年金となりますので、請求をするには前提条件をしっかりと知りやっていくことです。

うつ年金では障害年金となるために条件があるものの、生活をすることができる前提のお金が支援されることは大きなことです。これらが病気で悩んでいる人にとって注目されているのは、何よりも生活に対する安心を求めることができることにあります。ビジネスマンのなかには、働く環境が劣悪なところに勤めてしまい精神的な負担から、うつ病を発症してしまったという人もいますので、重度になると復帰することが困難です。そんなときにうつ年金を請求して支援してもらうことができるのは、精神的な負担を少しでも緩和していくことができるシステムだといえます。また支援を受けることが負担と感じる人もいるため、1級から3級までの支援体制を作っているのも、常時援助が必要な人、日常生活で必要な人、労働はできるが制限がかかる人などに分かれています。そうすることによって自分の等級にあわせて請求をすることができるために、復帰を目指す意欲を維持することが可能です。うつ病は病状によって良くなったり悪くなったりしますが、その症状を的確に病院で判断してもらい治療を続けながら完治を目指せます。

Copyright© 2019 障害年金の手続き経験がある社労士に依頼できます All Rights Reserved.