年金の専門家を探す

男性とお金

精神疾患者が年金を貰う

うつ年金の手続きを進める際に、一番大事なことは正しく手続きをすることです。国の様々な制度に詳しい人や、自分で障害年金の手続きを行える人は問題ありません。うつ年金は申請すれば必ず受給できるわけではなく、審査に通過することが条件です。身体障害者のケースと比較すると、精神障害者が年金を受け取るには審査基準が曖昧と言われています。また、うつ病を発症していると年金事務所で、症状の状態を十分に説明することは困難です。役所の職員は専門用語を使用してきますので、正確に意味が分からないことも多いです。提出するべき書類の種類がいくつもあるために、間違わないように制作する必要もあります。これらの作業を自分1人で行うことが難しいと感じる人もいて、専門家に相談するのも良いでしょう。自分では対応できない場合には早期の段階で、法律の専門家や社労士事務所を訪ねることをおすすめします。社労士ならば年金関係の知識があるために、自分の症状でうつ年金を貰う要件を満たしているか調べてくれます。精神病の患者からの依頼を多く受けている事務所を探すことも大切で、今まで取り扱った案件が多いほど要領を理解しています。

日本には年金制度がありますが、身体障害だけではなく精神障害を患った場合にも貰うことが可能です。精神障害の種類の中にはうつ病も含まれるために、正式な手続きを行うことでうつ年金を受給できます。うつ年金が貰えるかどうかは精神科の医者の判断で、障害等級が何級になるのかで金額が異なってきます。自分が該当する年金の種類や等級によっては、貰えないケースもあります。障害基礎年金ならば1級か2級でなければ受給できないですし、厚生年金保険の加入者ならば3級まで認められます。国民年金と厚生年金では毎月の受給金額に差があるので、いくら程度の金額を受給できるのか知っておくと良いです。うつ年金は労働を行うことが困難な状況であることが条件で、軽度の場合には貰えません。最低でも等級が3級である必要があり、役所に申請をしなければなりません。うつ年金は待っていても国から連絡が届くことはありませんので、自分から行動を起こして手続きを成立させて始めて貰える種類の年金です。病気の症状によっては、専門家の力を借りて行うことが無難です。

Copyright© 2019 障害年金の手続き経験がある社労士に依頼できます All Rights Reserved.