うつ病になったら

小銭

特徴や基礎知識を学ぶ

会社員などは、嫌でも仕事に行かなければならないことがあります。このような場合には、いち早く対策をうたなければいけません。場合によっては、鬱病に発展してしまう可能性があるからです。うつ病になった場合には、仕事をする気がしないだけでなく家から出たくなくなることもあるでしょう。会社も数日間休むことも少なくありません。ある程度重症になってしまうと数ヶ月休むこともあり得るわけです。このような場合には、うつ年金の制度を利用するのが良いでしょう。この制度は、うつ病になった場合に障害年金としてお金が毎月支払われる仕組みです。1年おきに更新されるため、うつ年金もらっていた人が途中で良くなると次の年からは打ち切りになることがあり得ます。いずれにしても、生活を維持するためには必要なものの1つと言えるでしょう。特徴としては、審査が厳しいことです。申請して受理されると、1年間で97万円位もらうことも可能になります。これにより、何とか生活をすることができるレベルですが、だからといって簡単にもらえるわけがないわけです。特に、書類関係はかなり厳しく審査されますので専門家に書いてもらいましょう。

うつ年金をもらう場合には、どの等級に該当するかを明確にしなければなりません。うつ年金は大きく分けて3種類あり、1級から3級まであるわけですが、自分がどれに該当するかは実際に申請をしてみてわかることが多いです。ちなみに1級とは、要介護状態になっている場合です。介護が必要な状態になるため、かなり悪い状態と考えて良いでしょう。少なくとも、自分で申請することができないため家族などに申請してもらうことが必要です。病院に行く時も、自分の力で行けないことが多いため家族の力が必要になります。2級の場合は、要介護状態である必要はありませんが、それに近い状態が必要になります。何とか自分で生活できるレベルだけども、なかなか会社に行くことができないことや衣食住が困難になるような場面です。3級になると、そこまで困難な状態では無いにしても、かなり病気により行動が制限されていることが考えられます。注意しておきたいのは、3級の場合には厚生年金に入っていなければ年金をもらうことができないことです。

Copyright© 2019 障害年金の手続き経験がある社労士に依頼できます All Rights Reserved.