うつ病になったら

小銭 うつ年金をもらう場合には、厳しい審査をしなければなりません。そのため、書類は専門家などに書いてもらうのが1番です。それぞれ等級がありますので、どの等級に該当するかを知っておきましょう。場合によっては、うつ病でももらえない場合もあります。

詳しく見る

申請すべきもの

女性 うつ病を発症したらいろいろと申請手続きのできるものはやっておいた方がいいかもしれません。うつ年金といったものもあります。これを受給することで治療中の収入源を保つことができるのです。そんな仕組みを確認しておきましょう。

詳しく見る

うつ病で申請できる年金

悩む女性 うつ年金は元気を取り戻すために整えられた制度で、毎月の年金をきちんと支払っている人は受ける権利があります。しかし申請手続きが複雑で難しいため、うつ年金の受給を考えているなら専門家のアドバイスを受けるのもおすすめです。

詳しく見る

年金の専門家を探す

男性とお金 うつ年金を貰うには手続きを正しく行うことが大事で、役所の審査を通ることが必要です。自分で行えないときには、専門家に依頼すると負担を減らせます。自分が加入している年金の種類によっても、要件が異なるためにルールを知ることが重要です。

詳しく見る

支援してもらえる

悩む女性 うつ年金というのは障害年金の制度になりますので、条件をクリアすれば支援を受けることが可能なシステムです。また仕事に支障をきたす人もいればまったく生活ができないという人もいることから、等級によって治療をしながら治すことができます。

詳しく見る

専門家に頼むほうが無難

男性とお金

病気の状態で金額が決まる

うつ年金は国が定めている要件を満たすことで貰えます。障害年金というと身体障害の人が受け取るイメージですが、近年では精神疾患の人の請求も増加しています。審査を通過するポイントは症状が重いことで、仕事ができない状態ならば受け取れる可能性があります。仕事を行えないほど重い精神疾患ならば、収入を得ることが困難になるために国はうつ年金の制度を作っています。厚生年金と基礎年金では貰える金額が変わりますし、基礎年金には3級はありません。厚生年金をかけていた人ならば、障害等級3級に認定される人もいます。障害等級は医者の診断書を見て決定されますし、日本年金機構のホームページでも要件の確認ができます。等級は障害の状態で決まるために、若い年代の人でも受け取れます。うつ年金は病気になったからといって国の役所から通知が来ることはないので、自分で判断して手続きをすることが条件です。自分自身で手続きをすることが困難な場合には、社会保険労務士などの専門家が代行することも可能です。

うつ年金は自分で手続きを行うことも可能ですが、社会保険労務士に依頼することが一般的です。うつ年金を受給する要件を満たしていても、手続きが上手くいかずに貰えないケースもあります。うつ病の際に受給できる年金の種類は障害年金なので、案件を豊富にこなしている社労士に頼むと良いです。社労士事務所のホームページで、障害年金の取り扱い実績が多いことが書かれている事務所だと安心です。書類は専門的な内容となるので、審査を通過できる専門家の知識が必要です。うつ病に理解のある専門家を見つけることが大切で、ひと口に社労士といってもそれぞれの先生ごとに得意分野があります。病気の状態ごとに受け取れる金額が異なってくるために、障害者の案件に強い先生を探すことが重要です。専門家ならば医者との連携も取れているので、条件の良い年金の手続きを完了させることが可能です。何度も訪問することを想定すると近所の専門家に頼むことも1つの方法ですが、実績のある遠方地域の事務所を訪ねてみることも検討するべきです。

Copyright© 2019 障害年金の手続き経験がある社労士に依頼できます All Rights Reserved.